MSOLで身につく3つのチカラ(行動特性)と3つのスキル

MSOLでもっとも重要な価値観は、"Integrity(インテグリティ/誠実さ)"です。そして、MSOLで働くことで、Integrityをベースにした3つの行動特性と3つのスキルを身につけることができます。

すべてのベース=Integrity

MSOLの仕事はモノを作る仕事ではなく、コトを進める仕事です。MSOLメンバーだけがいてもプロジェクトは成立せず、お客様であるメンバーに動いてもらわないとプロジェクトは進められません。プロジェクトを進めるのは「人」です。人は合理性だけでは動いてはくれませんから、組織のメンバー、プロジェクトメンバーと信頼関係を構築することが、マネジメントの第1歩です。

信頼関係構築のためには、知識やスキルよりもまずは"Integrity"。お客様の成功のため、社会のHappinessのために働くことで、おのずとIntegrityは高まります。

3つのチカラ(行動特性)

① 主体性

マネジメントは、作業計画にそってコツコツ進めるものではありません。過去・現在・未来、プロジェクトの内外をしっかりと見渡し、必要なことを自らが考えて動く姿勢が、MSOLのPMOには不可欠です。クライアント、プロジェクトのために役立とうとする精神と行動が、クライアントからの信頼を築きます。

② 「自分ごと」でとらえ「周囲を巻き込む」

何でも他責にして口だけ出す。そんな人の言うことは誰も聞かないですよね。どんな問題も「自分ごと」と捉え、1人称で考えることで始めて問題解決が進められます。ただ、自分ひとりだけでは何も変えられないのも事実。多くの人の力を集めて組織・プロジェクトは成功に向けて進んでいきます。

まわりを巻き込むことでモノゴトを推進できるのがMSOL社員。組織・プロジェクトを通じて身体にしみ込んでいく「自分ごと」+「周囲の巻き込み」のスタンスは、どこに行っても重宝されること間違いありません。

③ 「未来志向」+「立体思考」

MSOLのクライアント組織やプロジェクトのリーダー・メンバーは、日々を一生懸命に働いています。しかし、一生懸命であればあるほど、目の前のことに目を奪われがちです。そんなときに、少し先の視点や少し高い視点から助言し、一緒に未来のための準備を進めるのがMSOLの役割です。
常に2歩先、3歩先のことを考える習慣、常に上位レベルであればどう考えるかを考える習慣。
社会のHappinessのため、自分や周囲のHappinessのために必要な習慣です。

3つのスキル

①プロジェクトマネジメントスキル

  • 計画をたてそれをメンバーで共有する。
  • プロジェクトの状況を可視化し、問題を早期発見する。
  • 発生した問題を解決する。
  • 先のことを考え、先回りする。

このサイクルがプロジェクト・組織の成功スパイラル。そして、これを実行するのがプロジェクトマネジメントです。世の中にはPMBOKなど、プロジェクト管理の知識体系はいくつかあります。MSOLではそういった体系的な知識だけでなく、実際のプロジェクトで使えるプロジェクトマネジメントの具体的、実践的なノウハウが学べます。

②考え、整理するスキル

プロジェクトでは予定外の業務が数多く発生します。それらの情報整理を行い、前に進めていくには、1人のPMOとして素手で戦うためのスキルが必要になります。そのため、ロジカルシンキング・ヒアリングなどの情報収集スキル、ドキュメンテーション力、自分で考えて状況を整理しアウトプットするスキルなどが、実践を通して高いレベルで身につけられます。

③人に動いてもらうスキル

状況を整理するだけでなく、人に動いてもらい、問題を解決・推進していくのがMSOL。コミュニケーションスキルはもちろん、会議のプレゼンテーションやファシリテーションのスキル、コンフリクトマネジメント、リーダーシップやフォロワーシップといった対人スキルが、研修や先輩社員の動きを間近で見ることで、実践できるようになっていきます。

キャリアステップについてもっと知る

普遍的に役立つマネジメントスキルを武器にプロとして成長できる環境を用意しています。

Entryエントリー

自らの成長で、MSOLを発展させていこうと
意気込める仲間を求めています

MSOLへの就職・転職をお考えの方は
新卒・中途の募集要項によく目を通したうえで
エントリーボタンからお申し込みください。