自身がコミュニケーションハブとなり、プロジェクトを成功に導く先導役に注力する

2017年にMSOLに参画した原田。前職の大手重工業企業で、陸・海・空・宇宙に至るまであらゆる分野でビジネスプロセスの整備やシステム企画を経験した原田は、「これまでに経験したことのない新しいことをしたい」と次に挑戦する場としてMSOLを選択しました。原田 敏孝2017年中途入社 プロジェクトマネジメントコンサルタント
仕事内容を教えてください

自動車関連会社の販売店の業務改革推進プロジェクトで、アフターセールス領域を担当しています。

自動車の販売の流れは簡単にいうと、営業→購入→納車→アフターサービスです。私はお客様に納車した後のアフターサービスの質を向上させるための取り組みを推進するプロジェクトを支援しています。

具体的には、アプリを使って車の安全状況を確認したり、販売店にメンテナンスの予約をできたりと、納車後にお客様と販売店が効率的にコミュニケーションできる仕組みを整備するプロジェクトです。関わる部門は、事業側(企画)とシステム側(開発)があり、事業側でアプリの企画を立て、システム側でそれを実現するための開発を行います。 私自身は事業側とシステム側の両方のマネジメントを行っています。

仕事で感じるやりがいは?

事業価値を創出するため全員が一丸となってプロジェクトを推進できているとき。

仕事をしていると目の前の業務をこなすことで手一杯となり、プロジェクトの目的を見失いがちです。目的が十分に理解されないと、重要な局面で誤った判断をする可能性があります。こういう時は、私はマネジメント支援を行う立場として、メンバーには、プロジェクトの目的に立ち帰って考えてみましょう、と話します。改めて全員が目的を理解し、同じ方向へとプロジェクトを進められたときにとてもやりがいを感じますね。

MSOLで働く魅力を教えてください

会社の成長と自分の成長をリアルタイムで経験できること。

特に大企業の場合は既に組織が成長しきっており、硬直化している場合が良く見られます。制度的な仕組みは充実していても、新しいことに挑戦できるという感覚を持てないことも多いです。一方でMSOLは、上場を経て組織が急速に拡大しており、プロジェクトマネジメントを主軸とした新しいビジネスも次々と生まれています。

MSOLのような成長著しい環境で、多くの新しいことにチャレンジできる会社は貴重です。新しいことをするためには、自ら率先して動く積極性が必要ですが、自分の姿勢次第でチャンスが大きく広がる会社だと思っています。

入社したきっかけは?

「何のために仕事をしているのか?」を考えた際、自分の想いと会社の想いが一致していると感じたから。

前職では、グループ会社と仕事をする機会が多かったのですが、会社が違えば文化や共通の言葉も違い、共通理解を持ってプロジェクトを進めるのに苦労しました。でも、あるとき事業におけるビジネスプロセスは、例え文化や言葉が違っても本質は同じであると気づいたのです。

ビジネスプロセスを理解できれば、どの業種業態のどんなプロジェクトでもうまくマネジメントできるのではないか、という自分なりの仮説を新しい場所でも検証したいと考えました。MSOLは業種業界を問わず、プロジェクトのマネジメントをご支援しています。MSOLでなら重工業という枠を超えて、ビジネスプロセスの理解できるチャンスとマネジメントという両方の仕事をできると感じ入社しました。

これまでに苦労したことはなんですか?

プロジェクト内での対立する組織間の調整に苦労しました。

プロジェクトには所属する組織が異なる多数のメンバーが関わります。現在は、自動車会社の販売店を統括するプロジェクトのご支援を行っており、事業の企画側、システム開発側、両方のマネジメントを行っています。それぞれ所属する組織を背負っていますので、「こうしていきたい」という強い想いがあり、しばしば双方の考えを受け入れられずに紛糾することがあります。

私はこのような場合、プロジェクトメンバーと密なコミュニケーションを取るようにしています。密なコミュニケーションを取ることで、関係者が協力してくれるようになり、共通の目的を持ってプロジェクトを進められるようになります。プロジェクトを推進するための良い雰囲気作り、それが私の重要な役割なのです。

適正に対してどう考えていますか?

自分の意見をはっきり言えること、他の人の意見を真摯に受け止められること、両方の能力が重要です。

PMOとしてまず、コミュニケーション能力は必須です。知識や経験は後からついてくるので心配する必要はありません。私が考えるPMOの適性として必要な能力は、自分の意見をはっきりと言えること、真摯に人の話を聞けること、この両方です。

多くの関係者がいるプロジェクトでは、それぞれの思惑が交錯します。各メンバーの異なる意見を真摯に聞き調整し、最も良い方向を目指すために自分が先導役となってプロジェクトを推進することが求められます。

1日のスケジュール

  • 9:00お客さまのオフィスに出社し業務開始
    • 当日のプロジェクト予定を確認
    • メールやチャットの確認
    • 担当課題の状況確認
  • 10:00 担当課題の調査、回答
    担当しているプロジェクトの課題の調査や依頼を行なって回答します。
  • 11:00 課題対応の打ち合わせ
    担当課題は自分が開催しますが、他のプロジェクト員からの参加依頼も多くあります。
  • 12:00 お昼休み
  • 13:00 プロジェクト全体定例会準備
    ぎりぎりまで議題の事前整理がかかることも多く、定例会の時間内に終えるために事前にある程度シナリオを想定して組み立てます。
  • 14:00 プロジェクト全体定例会
    マルチベンダー体制かつお客さまの複数部門を横断するプロジェクトなので関係者が大勢参加します。想定シナリオに沿ってファシリテーターとして参加者がすべきことが明確になるよう心がけています。
  • 16:00 定例会のまとめ
    単純に議事録をまとめるというより、参加者が次の行動に漏れなく移せるよう必要に応じて個別にフォローをするようにしています。
  • 17:00 チームメンバーとの打合せ
    実務も兼務しています。定例会を受けてチームメンバーと対応の検討を行います。チーム内もマルチベンダー体制なので、ファシリテーターこそ代表ベンダーにお願いしますが、特定のベンダーの負担とならないよう常に配慮をしながら対応しています。
  • 18:00 打合せ結果整理して帰宅
    夜は、健全な判断ができる体を得るためにジムで汗をかきます。週末もジムでプログラム参加してます。こちらはストレス発散ですね。
Entryエントリー

自らの成長で、MSOLを発展させていこうと
意気込める仲間を求めています

MSOLへの就職・転職をお考えの方は
新卒・中途の募集要項によく目を通したうえで
エントリーボタンからお申し込みください。