組織間の潤滑油として、プロジェクトをより良い方向へと導く

2016年入社の門平は、就職活動中に参加した就活イベントでMSOLに出会いました。MSOLとの出会いで、それまで自身も気づかなかった調整役としての適性が判明した門平。入社後はその強みを生かしPMOとしてお客様先で日々、事業に直結する課題を解決するための調整を行っています。門平 亜美2016年新卒入社 プロジェクトマネジメントコントローラー
仕事内容を教えてください

大手インターネットサービス会社のグループすべての社内インフラを整備するプロジェクト支援を行っています。

大手インターネットサービス会社の子会社で、グループの全社員のスマホやPCの手配、ネットワーク環境の構築、システムの保守、VDI(仮想デスクトップ基盤)などの整備を一手に担うプロジェクトで支援を行っています。関係する組織は大きく分けて、グループの各会社で事業を推進するユーザー部門と、事業をシステム面から支えるシステム部門があります。

私はPMOとしてシステム部門側に立ち、ユーザー部門のシステムに関する要望を聞き取り、それをシステム部門に伝えて要望を実現するまでの調整を行います。グループ会社すべてのシステムに関連することを扱うため、対応範囲がとても広い仕事です。

仕事で感じるやりがいは?

ユーザーの業務に直結する課題を深掘りし、解決策を提案できること。

ユーザー部門のお客様は、業務で困っていることの原因となる課題が何なのかが分からない、という場合がよくあります。一方で、システム部門のお客様は、システムがどのような業務で使われているのかを知らない場合が多いです。

顕在化している課題にはすぐ対応できても、その裏にある別の課題には、どちらか一方の視点だけでは気づかない場合も多いのです。 PMOとして日々お客様とコミュニケーションするなかで、業務に直結する重要な課題を深掘りし、解決策を提案できたときには非常にやりがいを感じます。

MSOLで働く魅力を教えてください

キャリアに関わらず、社員の意見や要望に耳を傾けてくれることですね。

MSOLには必要だと思ったことは自ら手を挙げて提案・実行する文化が根付いています。新卒、中途、在籍年数に関わらず、意見や要望を会社が聞いてくれること、また自分で実現できる環境があるのは、働く上での魅力ですね。風通しの良い組織なので、マネージャーや経営層にも話がしやすいと思います。

このような文化なので、自ずと提案する姿勢が身に付き、それはPMOの仕事にも大きく寄与します。単に上長の指示を受けるだけではなく、自分からお客様が持っている課題を見つけ、解決するために何ができるか日々考え、実行しています。現在ご支援しているお客様には、提案と実行支援の両方を行えるMSOLを評価いただいており、長期に渡りプロジェクトマネジメント支援をさせていただいております。

入社したきっかけは?

すべての仕事に必要なスキルであるマネジメント能力を身につけられると思ったからです。

昔から友人の相談を受けたり、人の間に立って異なる意見を調整したりすることが多かったので、ぼんやりと自分が調整役として課題を解決するような仕事ができれば、と思っていました。就活イベントやインターンシップに参加する中で、課題を解決する仕事という視点でコンサルティングの仕事に興味を持つようになり、とあるイベントでMSOLに出会ったのです。

MSOL以外のコンサル企業も受けましたが、お客様の課題に対してただ解決策を提案するだけの仕事は性に合わないと思ったのです。しかし、MSOLであれば提案するだけでなく、プロジェクトを成功に導くために日々お客様のそばに寄り添って支援します。そんな環境でこそ自分の長所を生かすことができる、またマネジメントというすべての仕事で必要なスキル・能力が身につけられることに魅力を感じてMSOLに入社しました。

これまでに苦労したことはなんですか?

ユーザー部門、システム部門の間で板挟みになることは多々あり、対応に苦慮することはよくあります。

ユーザー部門からの改善要望は多岐にわたります。もちろんできる限り要望が通るようにシステム側に依頼しますが、実現が難しいこともあります。ユーザー部門としては、お客様により質の高いサービスを提供するために改善したい、でもシステム側はそれを全て実現することはできない。このような板挟みの状況になったときは、調整がとても大変です。

ただ、このプロジェクトで私は、ユーザー部門の要望をシステム部門へ主張し、推進できる唯一のメンバーです。もちろん実現が難しいこともありますが、ユーザー部門の事業の課題をできるかぎり解決できるように関係各所と調整しています。

適正に対してどう考えていますか?

自分よりも先に相手のことを考えられるかが大事だと思います。

PMOはコミュニケーション力が問われる仕事です。しかし仕事をしていると、関係者とコミュニケーションがなかなか取れない場合も少なからずあります。そんな状況に言い訳するのではなく、自ら働きかけて良い関係性が作れるよう努力できる人はPMOに向いていると思います。

また、PMOはお客様の課題に対し、単に解決策を提示するだけの仕事ではありません。プロジェクトがうまく進むよう常にお客様に寄り添い、一緒に考えて行動します。お客様の事を考えると、ときには自分の仕事が増えることもあるでしょう。でも、それをいとわず自分のことよりも相手のこと、プロジェクト全体のことを考えられるかが重要です。

1日のスケジュール

  • 10:00お客様先へ出社
    社用チャット・メールチェック
  • 11:00チーム内進捗会議
    • チーム内で受け付けて対応しているユーザーからの問い合わせ・要望の対応状況の共有
    • 影響の大きい要望がある場合のエスカレーション
  • 12:30ランチ
  • 14:00ユーザーの問い合わせ対応
    • アサイン先のお客様が提供しているサービスに関する問い合わせ・要望の対応
    • サービス利用ユーザーの要望の背景にある業務課題を深掘り
    • お客様へのサービス改善の提案準備
  • 16:00プロジェクト②課題共有会議
    プロジェクト内で発生している課題の対応状況の共有
  • 17:00休憩
  • 17:30課題共有会議の議事録を作成・展開
Entryエントリー

自らの成長で、MSOLを発展させていこうと
意気込める仲間を求めています

MSOLへの就職・転職をお考えの方は
新卒・中途の募集要項によく目を通したうえで
エントリーボタンからお申し込みください。