プロジェクトを成功させることで、お客様の事業に貢献するというやりがい

前職のSierでプログラマやシステムエンジニアを経験した岡田は、次のキャリアとしてプロジェクトマネジメントに特化したMSOLを選びました。
入社後確実にステップアップし、今はPMC(プロジェクトマネジメントコンサルタント)としてお客様の経営層と日々コミュニケーションを取りながら、プロジェクトのご支援をしています。
岡田 康兵2013年入社 プロジェクトマネジメントコンサルタント
仕事内容を教えてください

大手インターネットサービス会社のグループ会社で大規模プロジェクトのマネジメントを行う、プロジェクト推進部でご支援しています。

現在のプロジェクトは、もともと全国の店舗で利用している2種類のシステムを統合した新サービスの立ち上げを目指すものです。プロジェクト体制は大きく事業企画側とシステム開発側で分かれるのですが、私はシステム開発側のPMOとして支援しています。

立ち位置上はシステム開発側のPMOではありますが、社内で決裁をとるための企画書作りやマネジメント層向けのレポート作成など、事業側PMとシステム開発側PMのハブ・右腕となり、幅広く奔走しています。

仕事で感じるやりがいは?

プロジェクトがうまくいっていると実感できたときです。

シンプルですが、私たちが支援することでプロジェクトが「うまく推進できている」と感じられたときはやりがいを感じます。私は、「うまく推進できている」状態を「プロジェクトが自律的に運営されている状態」と考えています。

MSOLの役割はプロジェクトの成功を支援することですので、プロジェクト成功のために何が必要かを必死で考えて実行していきます。そのため、参画当初はいろいろなタスクをひたすらに拾います。それで感謝されることはもちろんうれしいのですが、本当のやりがいはその先にあります。プロジェクトが自律的に運営され、PMOとしてのサポートが最小限になったときには、なんともいえない達成感を感じます。そんなときは、「プロジェクトはもう大丈夫だ」と確信します。ただ、それを表に出してプロジェクト全体が緩んでもいけないので、心の中でガッツポーズするだけですが(笑)

MSOLで働く魅力を教えてください

お客様を長く支援できることです。

MSOLは「戦略・企画だけ」「実行だけ」「運用だけ」ではなく、お客様の組織に入り込んでトータルに支援します。プロジェクトの立ち上げから成功するまで長期間にわたり支援できることはとても魅力があると思います。また、組織に入り込んでいるので、組織内で動いている他プロジェクトも含めた全体像も見渡せますし、プロジェクト横断的な支援もできます。高い視点、広い視点でお客様の事業の成長にも寄与できる、というのは他の会社にはない、MSOL独自の魅力だと思います。

入社したきっかけは?

プロジェクトマネジメントに特化しているという、他の会社にはない強みを持っていたから。

前職はシステムインテグレーター(Sier)で、プログラマー、システムエンジニアとして主に会計系の保守案件を担当していました。保守運用中心ですので、今後の自分のキャリアを考えた際、このままだと新しいことに挑戦できず、成長できないと思ったため、転職を決意しました。

これまでのSierの経験を活かし、当初は"ITコンサルティング"というキーワードで、会社を探していました。その際、人財紹介会社に紹介されたのがMSOLです。MSOLにはプロジェクトマネジメントに特化しているという強みがあります。広くITコンサルタントとしてキャリアを積むよりも、プロジェクトマネジメントという専門能力を身に着けられるのではないかと思い、MSOLに入社することにしました。

これまでに苦労したことはなんですか?

組織間の壁を越えてプロジェクトを推進できないことがありました。

現在、支援しているお客様はグループ全体で20社近い会社があります。その中で私が担当するプロジェクトはグループを横断して組織されることもあります。各組織の方々は、自分の仕事に対してプライドやこだわりを強く持っていることがほとんどです。そのような方々に部外者である私が「今回のプロジェクト運営はこのようにしましょう」と提案しても、なかなか受け入れてもらえないこともあります。そのような時に苦労を感じますが、プロジェクトの成功には、メンバーが同じ方向を向き、一丸となってプロジェクトを推進することが不可欠です。ですので、担当者と個別に打合せを重ねるなど、プロジェクトメンバーの合意形成が図れるよう慎重に進めています。

お客様が本当に必要なことは何か、それをどう進めることができるのか、愚直に考え実行する姿勢がPMOとして重要なのではないかと思います。

適正に対してどう考えていますか?

お客様の事業の目的を理解し、高い視点でプロジェクトマネジメントのご支援ができる人ですね。

プロジェクトマネジメントコンサルタントとしては、進捗管理や課題管理など、通常のプロジェクトマネジメント支援をしっかり行うこと以外に、お客様の事業の目的を理解し、その為には今何が必要で、それをどのように実行していけば良いのか、というより高い視点を持つことが必要です。

我々の使命はマネジメントの力で社会のHappinessに貢献することです。プロジェクトは無数にあり、我々としてできることもまだ無限にあると思います。お客様の事業の目的達成に、よりダイレクトに貢献するためにMSOLのご支援できる幅を広げ、数多あるプロジェクトを成功に導き、社会をHappinessにしていく夢を一緒に追える人と働きたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 9:30 出社
    メールやチャットメッセージの確認、今日やるべきタスクの確認を行います。
  • 11:00 ワーキンググループへの参加
    担当プロジェクト以外にも、クライアント中心で作られているワーキンググループにも参加しています。現在は大規模プロジェクト推進に関する知見の収集や型化を行っています。
  • 12:00 昼食
    昼食の時間はクライアントの方と食事に行くことが多いです。近くにおいしいお店が多いので、長めに昼食時間が確保できれば、外に食事に行きます。
  • 13:00 PJ進捗会議
    プロジェクトの各チームでの進捗状況を確認する会議です。
    プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーが状況把握しやすいように、事前準備をしっかり行います。
  • 16:00 資料作成
    翌日の会議に向けて、資料作成や準備を行います。
  • 18:30 退社
Entryエントリー

自らの成長で、MSOLを発展させていこうと
意気込める仲間を求めています

MSOLへの就職・転職をお考えの方は
新卒・中途の募集要項によく目を通したうえで
エントリーボタンからお申し込みください。