人財本部からのメッセージ

MSOLで、自分の目指すものに対し、試行錯誤しながら到達していってください。

人財本部
本部長 秋岡 省三

MSOLはプロジェクトマネジメント専門の会社として、PMOに特化した事業で独自の地位を築き、数多くの支援プロジェクトを成功へと導いてきました。 これまでお客様から多くの信頼をいただいて成長してきましたが、私たちに対する期待、ニーズはこれまで以上に高まっていると感じています。PMOだけでなく、DXをはじめとするその他領域にも広がってきているのです。そのため、私たちもPMOに特化したビジネスから、より幅広いビジネスを展開していくうえで、これまで以上にさまざまな経験や価値観を持っている方に入っていただく必要性がでてきています。

弊社のクライアントはメーカー、金融、小売など幅広く、業務領域や業務プロセスを通じてプロジェクトを俯瞰しながらお客様と伴走しプロジェクトを成功に導くことに専念できます。このように分野にとらわれない働き方ができるのがMSOLで仕事をする大きな強みであり、魅力のひとつだと思っています。 ただ、前述の通り、より幅広いビジネスを展開するうえで、MSOLにはまだやりきれていない領域がたくさんあります。だからこそ、成長余地は大きい。MSOL自体の幅を広げ、新たなカルチャーをつくっていただける方にぜひ入社いただきたいと思っています。 採用については、何ができるのか、何がやりたいのか、そこが私たちのニーズと合致すれば、年齢も大きな問題ではないと考えています。何かをやり遂げたことがある方にジョインしていただきたいです。

MSOLのカルチャーの点では、社員と会社とのコミュニケーションを非常に重視しており、定期的な個別面談や社内イベントなどを頻繁に開催しているほか、新卒だけでなく、キャリア採用の方にも入社後にメンターをつける施策を行っています。 また、社内研修も充実しており、研修メニューも拡大しています。社員が経験したこと、そして、仕事で得たノウハウや知見を社員たちに伝えていく。こうした学び合う姿勢こそが、MSOLの強みとなっています。部活動も盛んで、積極的に参加する社員も多く、自由闊達な雰囲気があります。MSOLは上意下達の会社ではありません。まず本人の話を聞き、仕事のヒントや気づきを得てもらい、納得したうえでともに仕事をしていく。そうした姿勢を大事にしているのです。

自分の目指すものに対し、試行錯誤しながら到達していく。そのためのルートがMSOLでは大きく広がっています。経営のコミットするマネジメントから個別プロジェクトの実装まで様々な経験ができるのです。とりわけ、私たちの強みであるPMOはどんな仕事にも応用できるもの。仕事を成功するためには何が大事なのか。周囲の雑音や慣習に縛られず、そこを完遂できる。MSOLではまさに仕事の本質を考えながら働ける環境があるのです。MSOLでどう成長したいのか。何をしたいのか。明確な考えを持った方にぜひ入社していただきたいと思っています。

エントリーエントリー

これまでの経験を活かし、ナレッジを得て
さらなる成長を楽しめる仲間を求めています

中途採用におけるエントリーは
「キャリアエントリー」よりお進みください。